極論経由で中庸めざします
一過性の思ったことばかり書いてやります
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 毎週木曜日 #267 | main | お腹の話 #269 >>
無タイトル #268
 
こないだの金曜日に、
テレビ朝日で「朝まで生テレビ」やっていて、
割とメンツが豪華だったので見てみた。
それを見終わってやけにもやっとするので、
その「もやっと」感について書く。

ツイッター導入とかで、ハッシュタグをつけて
それについてつぶやける感じになってて、
で、スタジオにも無線LANを導入してたので、
出演してる人らも、まぁ東さんとかホリエモンとか津田さんとか
の若い人らもパソコン広げてツイッターやりながら、
みたいな感じで、
先生(田原さん)が喋ってるのに後ろで手紙回してる中学生、状態だった。
金美鈴が割り込んで話してくる誰かにキレた時に、東さんが、隣にいるにも関わらず
「金さんが喋ってるときは絶対に黙ろう」とかツイートしてるのが
ちょいちょい面白かった。
とかそういうのは本当にどうでもいいんだけども。

というよりは、こんな事を面白がったりとかしてしまって
そっちの方に意識がいってることが問題で、すごくもやっとしている。
まさにテレビはショーであってエンターテイメントとかいうやつなのか、
とか無駄に思わされてる所が、もう、という印象。

エジプトの事だの日の丸の事だの所謂「若者」の事だの
もともと掲げられていた「日本は本当にダメな国なのか」というテーマとは
だいぶそれていたけども、色んな議論がテレビ上でなされてた。
確かに政治家や思想家や大学講師の色んな議論が頭の中に入ってきたし、
それと同時にその番組を見てる人らがどんな事を言っているのかが
興味あったので、ツイッターのハッシュタグを見ていたし、
初めて2ちゃんねるの実況なるものを見てみた。
ツイッターのハッシュタグなんて数分たてば20件、40件と新しいツイートが
更新されていくし、何よりもびっくりしたのは
2ちゃんねるの実況ってやつがたかだか数十分、いや数分のときもあった、
1000件コメントが書けるスレッドが、おそらく番組終了時には20近くまで
のぼっていた。正直、見る余裕、なし。
というか、見ても、意味、なし。

それらを見ていても、盛り上がるのはみんな一緒。
金美鈴がキレた時と、ホリエモンが竹田さんを嘲笑してる時と、
あずまんがキレた時と、田原さんが話をどんどん進ませてしまってる時とか。
正直、何にも話している内容とは関係ない。
だからやっぱりテレビはショーなんだと思う。
ちょっと内容に触れてるかなっていっても、
日の丸とか国旗の話の時に、みんな「これは興味ない」って言ってる事ぐらいかな。

むしろ、こうやって実況とかツイッターでリアルタイムでつぶやくのって、
そういう内容とかよりもそのスタジオの状況だとか、出演者の云々とか、
そういうのばっかりが出てくるのは当たり前かなーとかも思った。
リアルタイムでめちゃくちゃ小難しい事をどんどんつぶやくのも、難しいしね。
だから、別にいいんだけど、むしろ私も番組見ながら、
「あずまんのキレ方、中学生みたい」とかいって笑ってたし。

で、何が言いたいかって特にないんだけど、番組終わったあとに、
この番組で取り上げられた議題に対して本気で自分なりの意見だの何だのを
考えてる人らがどんくらいいるんだって話で、
っていう話がしたかったんじゃない。
そうだ、別に、みんな一生懸命考えようよ!っていう話がしたかったんじゃないです。
すいません。
そうじゃなくて、
テレビ消して電気消して自分の部屋に入った時に、
あんだけ散々議論が行われていたのに、しかも曲がりなりにも自分は大学で
消費が云々とかやってきて(まぁ番組内で扱われてた内容と研究会の内容は
似て非なるものだけど)、(でも、ここで「番組では日本の事について語っていて、
私は日本に住む日本人なのだから考えなくちゃならないのに」っていう思いは
あんまり出てこないなー。いやナショナリズムとかよくわかんないけど)
そう、そんで布団に入った時に、
脳みそがあまりにもスポンジすぎて、
「なんだこれ?」の顔しながら寝た訳です。
それがもう日曜日も終わって月曜日が始まってるこの時間帯まで
もやもやしてるという。番組見たのは金曜の夜中だってのに。っていう話でした。

それと、ネット上の集合知が自分の知に=で絶対直結する事はないんだなという感じ。
ツイッターとか実況とか見てると、
まぁバラエティーとかだったらいいけど、こんな討論番組でさえ
ますますエンターテインメント化して、それでいいのかーという感じ。
思想家やら政治家の話やツイッターで真面目に話してる人の話を聞いて、
「うんうん、確かにそうだなー」と感じてしまうのは、
総じて私自身に土台になり得るぐらいの量の知識が足りない事と、
「こうこうこうなるから、そういう風にカレは言っているんだ」まで思考を
巡らせながら話を聞いていないっていう明らかな私の欠陥によるものあるんだけど、
「うんうん、確かにそうだなー」で終わるから、良くない。
いや、良くない、のか、そんなもんなのか。

で、こっからは何の根拠もないし凄く適当なんだけど、
よく「昔は学生運動などもあって怒れる若者がいたのに…」みたいな事言うけど、
番組でも「そもそも学生運動なんてしなくても普通に生きて行ける世の中なので」
っていう意見があって、確かにそうだけど、
(あと今の若者は過去の学生運動が効果なかった事を知っているっていう事実)
そういう学生運動とかしないのって、こういう行為を行った後のリスクが
昔より今の方が高い気がすると思ったから、やらない人が多いんじゃないかと思った。
デモとかやってる写真とかがマスコミに撮られてネットに晒されて、
2ちゃんとかに画像貼られて、何こいつとか言われたり、リーダーの個人情報が
どうのこうのとかになったり、別にそういうのリスクと捉えなければ
どうってこともないけど。昔大人数で学生でデモとかやって
それが大人数が故に自分のやってる行為が肯定される&ちょっと匿名性あがるのと、
今は今でこうやってネット上で匿名あるいは実名で文句言ってるのと
対して変わらないんじゃないかなって感じだよね。
むしろツイッターなんか直接大物に意見言えるしね。

っていうか何で私ネットの話ばっかりしてるんだろう。気持ち悪い。

こんな事言ってるけど、
何より、さっき戦場カメラマンの友人のブログ見てたら、
「いつか世の中が(自分の)才能を無視できなくなるって信じてる」
みたいな事を書いてて、
うっわ、かっこいいーと思って、今こうやって上に書いてた事が
全部どうでもよくなった。

っていうかこうやってぐだぐだ書き続けてる話題ほど、
自分にとってのどうでもよさが異常なものはない!と今気付く!

多分心惹かれる対象なら、理由とかホントにどうでもいい。
小説も絵も詩も映画も、「ここは、こういう事を表してるんだなー」
とか言ってる時点でアウチ。

あー、なんかひどい。
ひどいぞ!



スポンサーサイト
COMMENT