極論経由で中庸めざします
一過性の思ったことばかり書いてやります
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 2009年のこと | main | 梅雨! #234 >>
23歳になりました  #233
 
先日23歳になりました。
もう23歳なんですね、このツラで。
お母さんにはいい加減、お願いだから大人っぽい格好
してちょうだいと言われる始末。
そんな日はボロボロのデニムのショートパンツに
真っ黄色のナイキ履きます。
髪型は今年いっぱいはとりあえずつるんつるんのマッシュルームカットです。
今年はカラーバリエーションも出していきたいものですね。
23歳の目標とか抱負とかはとくないです。

20歳を境に誕生日が来てもあんまり嬉しいとかそういう感情抱かなくなって
「年をとる」感が凄いします。30とか40とかになったら、
もっとあーもう1年経ったのねって今よりも早いサイクルで思うんだろうなー。
いと、かなし。
いや、悲しくはないか。
日本人は枯れること、古くなることを愛でる人種ですものね。

今日もいつものゼミで、卒論の途中経過発表を夜6時からやった。
割と去年の卒論で出し切っちゃった感が否めないんだけど、
去年のそのまんまじゃつまんないから何かトピックを新しく1つか2つ付け加えたいと
思います。
後輩から、去年より丸くなったって言われた。
ま、確かにそうだね。いやぁ、私は本当に影響されやすいんです。

卒論、ほんとにこのゼミに入って卒論書けて幸せです。
大学2年の時にゼミ選びをしてて、うちの専攻の
今所属してる以外のゼミも見学しにいったけど、
卒論がほんとにしょぼくて萎えた。
文学部で、しかも人間科学専攻に所属してるにも関わらず、
ただデータとってありふれた結論書いて、そんでもってそれに詳しい誰かの本を
コピペして引用はっつけた卒論の何が面白いのかと本気で本気で思うね。
22年生きてきて、君の集大成はそんなことなのかと1人1人聞いて回りたい。
たかが卒論で、と思うかもしれないけど、
やっとくべきなんじゃないですかね、大学卒業する前に
言葉にならないけど何か感じる自分の中のソレを、言葉で表現して紙の上で示す事をさ。
人間科学ってのは人間とは何かっていう事をそこまで
あらゆる問題について掘り下げて考えないと人間科学やってる意味がないと思います。
だから誰かの研究とか、表層の現代社会分析だけじゃつまらん。

今年1年、去年勢いで書いた卒論を客観的に去年よりは見れると思うから、
もっといいものにして、どうだって感じで作って行こうと決めました。

今から筋トレ


スポンサーサイト
僕のブログはまだ秘密です。ふふふ。

まあ、時期が来たら、ってかんじでw
ryo-hei | 2010/05/21 12:23
>ryo-hei

こないだはありがとう!
yatsuzuka | 2010/05/23 22:49
COMMENT